ハーレー マスターシリンダー 漏れ 11, 700系 B6編成 廃車 14, Z6 購入 ブログ 13, 180cm 体重 筋肉質 59, W211 後期 ワイパー 4, 高橋 康夫 大阪大学 10, Spec~零 動画 Dailymotion 9, 荒野行動 スイッチ 引き継ぎ方法 12, コンカ とは サッカー 4, Ps4 Pro 開け方 7, Jr 運転士 結婚 7, 白魚 踊り食い 茨城 4, Avic Hrz990 音が出ない 5, プレバト 俳句 最低点 14, 旅行 しおり テンプレート おしゃれ 6, Obs 映像キャプチャ デバイス 音ズレ 6, なんj 用語 打線 19, コンユ トッケビ 後 8, Rocketek Type C ハブ Usb 7in1 4, 鬼滅の刃 キングダム どっち 6, アウトドア ステッカー どこに 売ってる 9, チョコ 超簡単 作り方 4, 壁 穴 画鋲 4, 痩せるダンス 15分 効果 27, Wd Cloud 分解 10, ノートパソコン Wifi 修理 5, " />
  • +359 888 651 393; +359 885 698840

エコキュート 電気代 ガス代 比較 5

エコキュートの設置工事は2018年3月に実施しました。2018年3月の電気代はエコキュート設置前(電気温水器)とエコキュートの電気使用量が混在になりますので除外します。3月の比較については「2017年3月」と「2019年3月」を比較することにします。 Copyright ©  電気プラン乗換.com All rights reserved. *ボタンは複数選択が可能です。, お客様の目的に合わせたIHクッキングヒーターをご提案いたします。条件を選んで「検索」ボタンを押してください。 エコキュートの電気代が高くて悩んでいませんか?この記事では、エコキュートの電気代平均額を地域別に紹介。さらに、エコキュートの電気代が高くなってしまうたった1つの原因と、それを解決するためのエコキュートの電気節約法3つを大公開しています! エコキュートの電気代の1ヶ月平均と計算方法は?季節ごとの比較も. 深夜電気給湯器については、本体の購入価格は安いのですが、電気代が高いので、エコキュートの方がトータルで安くなります。 寿命については、有償補償でも良いので延ばす事は精一杯ですが、ガス給湯器の方が確かに寿命は長いと思います。 今日において、様々な企業やメーカーが作ってくれる便利な家電製品は、私たちの生活を毎日休むことなく下支えし続けてくれており、なくてはならない存在です。家電量販店だけではなく、Amazon等のオンラインストアにおいても、豊富な種類の家電をラインナップしていますので、複数の製品から簡単にご自身に適したものを見つけ、気軽に購入することもでき、とても便利な世の中になりました。, ただ、そうした便利な家電製品ですが、気になるのは電気代です。購入する際にも、どのくらいの電気代を支払い続ける必要があるのか、皆様ほんの少しは気になりますよね?そこで当サイトでは、各家電のカタログスペックに基づき家電毎の電気料金を算出し、その目安を皆様にご案内しております(家電類型別電気代DBはコチラ)。, 本ページでは、「エコキュート」にスポットライトをあて、利用する際に必要な電気料金や省エネ方法、また電力会社を切り替えた際の電気代削減額の目安等をご紹介いたします。特に電力会社を切り替えた際の電気代削減のインパクトは大きく、毎日の電気代をできる限り抑えたい方には非常におススメです(おススメの電力会社はコチラをご覧ください)。, エコキュートとは、正式には「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といわれ、自然冷媒である二酸化炭素を使って大気中の熱を取り出すヒートポンプ技術を用いて、お湯を沸かす給湯器のことです。これまでヒートポンプ技術の冷媒として使われていたフロンガスとよりも温室効果が少なく、空気にも含まれた成分である二酸化炭素を用いることで、オゾン層破壊を抑えながら給油ができる製品です。大気熱を利用した給油方法なので、外気の温度が高いほど効率よくお湯を沸かすことが出来ます。冬の寒さが厳しい地域は、その環境下でも水を加温出来るような製品を選択する必要があります。, エコキュートは二酸化炭素を冷媒として熱をつくるヒートポンプユニットと、作られた熱によって温度を上昇させた水を保温しておく貯蓄タンクで構成されています。貯蓄タンクが付いているため、災害などで水や電気が止まった場合でもタンク内の水がなくなるまではお湯や水を使用する事ができます。似た製品に電気温水器というものがありますが、こちらは電熱ヒーターによってお湯を沸かしているという点で決定的に違います。, 基本的に、家電製品のカタログスペックの中には消費電力量に関する項目があり、この項目の数値を参照することで電気料金を算出することができます。大体の家電のカタログ表にはW単位で記載されており、例えば500Wの家電であれば、「500(W)÷1000×電気料金単価」の式により1時間当たりの電気代を求めることができます。, 電気料金単価は電力会社により異なりますが、例えば「30.57円/kWh」であった場合、「500(W)÷1000×30.57=15.285円」となります。そのため、500Wの家電を1時間利用した場合の電気代は、15.285円となります。, それでは、この計算式をエコキュートにも当てはめていきます。エコキュートの場合、サイズや機能等により異なりますが、概ね1100W程度の製品が多いため、エコキュートを1時間利用した際の電気代は目安として「1100(W)÷1000×30.57=33.63円程度」となります。利用時間別の電気代目安は下記表にまとめておりますので、ご参考ください。, このような計算式を基本として、本ページでは「エコキュート」のスペックを元に様々な角度から電気料金を算出しています。なお、特殊な電気の算出法となる家電につき計算の困難な製品については、経済産業省資源エネルギー庁による「省エネ性能カタログ」も参考にしながら概算値を求めています。, エコキュートの年間電気料金は、概ね「49095円」となります(JISに基づく(中間期外気温16度、夏期外気温25度、冬期外気温7度)、毎日240分使用した場合)。なお、家計全体における2019年度の平均電気代は月間で9100 円、年間では109200円のため、エコキュートの電気代は電気料金全体の44.96%程度を占めることとなります。, ※JISに基づく(中間期外気温16度、夏期外気温25度、冬期外気温7度)、毎日240分使用した場合※30.57円/kWhとして算出※2020年製の製品におけるスペックより算出, エコキュートを新しい製品に買い替えた場合の電気代目安です(貯湯容量310Lの場合)。最新の製品に切り替えることにより、あくまで全体的な傾向としてはですが、電気代が安価になる可能性があります(個別の製品によって異なります)。, 代表的なエコキュートの省エネ方法は下記の通りです。エコキュートの使い方を見直すことで、毎日の電気料金を少しでも安くできます。電気料金の削減にあたっては、手間とコストのバランスが大切なので、全ての家電で省エネ手段を実施するのは大変かと思いますが、何らかご参考になれば幸いです。, 電気料金を手間なく大きく削減したい場合、電気料金プランを見直すことが極めて効果的です。安価な電気料金プランに変更することで、毎日利用する電気をお得に利用することができます。, 電気料金は基本的に、月額固定の基本料金と、実際に使用した電気量に1kWhあたりの単価を乗じた「従量料金」を合計することで算出できます。これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と単価を計算式に当てはめることで、実際に支払う必要がある電気料金を割り出すことができます。, 下記表は、各電力会社のHPにて公開されている単価情報から、お得な電気料金プランとして評判の高いLooopでんきに切り替えた場合の、エコキュートの利用時の推定削減額を整理したものです。推計値とはなりますが、電気料金プランの切替でどの程度電気代を削減できるかの目安としてご参考ください。, なお、ご存知の方も多いと思いますが経済産業省 資源エネルギー庁のHPにも記載のあるように、電力会社を切り替えても、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということは一切ありません。契約をLooopに切り替えても、これまでと同じ送電網を使って電気が届けられますので、電気の品質や信頼性は変わらず、今まで通り安心してご利用いただけます。, 電気料金プランの切替方法が分からない方は、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページをご覧ください。簡単な手続きで、今までと全く同じ電気がお得に利用できますので、この機会に電気料金プランの切替を検討してみてはいかがでしょうか。, ※Looopでんきは各エリアごとの「おうちプラン」単価を適用、東京電力はスタンダードS、関西電力・中国電力・四国電力は従量電灯A、北海道電力・東北電力・中部電力・北陸電力・九州電力は従量電灯Bの第3段階料金単価を適用し算出※エコキュートの年間利用量を「JISに基づく(中間期外気温16度、夏期外気温25度、冬期外気温7度)、毎日240分使用した場合」と仮定, 皆様のご家庭では「エコキュート」だけではなく、様々な家電を使っておられると思いますが、それらを合算した電気料金全体で考えると、電気料金プランの切替による削減メリットがより大きくなります。そうした電気料金全体のケースについても、下記にて一般的なご家庭等の電気利用量にて節約額を比較表に整理しまとめておりますので、ご参考いただけますと幸いです。なお、こちらも「Looopでんき」を例として算出しており、「おうちプラン」は一般的なご家庭、「ビジネスプラン」は小規模な店舗や、たくさん電気を使うご家庭の場合に適用されるプランとなります。詳細はlooopでんきのHPをご確認ください。, また、電気料金プランの選択でお困りの方は、当サイトでは「おすすめの電力会社一覧」にて評判の良い料金プランを厳選してご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。, ※おうちプランは40A,520kWh/月、ビジネスプランは8kVA,2183kWh/月想定, シンプルに価格の安さに特化したプランです。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、とにかく電気代を安全かつ徹底的に安くしたい方に推奨できます。Looopは、価格を徹底追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた事業を展開する大手の新電力会社となります。looopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で6000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。, オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。電気代をより削減したいオール電化の方に最もオススメな電力会社です。オール電化でない方は、ガソリン代が2円/L割引となる追加メリットを生かすことのできるドライバーの方にはおススメできます。出光昭和シェルのサイトでキャンペーンコード「84845」を入力いただくことで、追加で3000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。, アンフィニPPAプランは「太陽光発電」+「足りない部分をアンフィニから安価に購入」する特殊なプランです。一戸建て限定ですが、太陽光発電を無料設置できます。金額メリットは大きい一方、厳しい施工基準のある特殊なプランであり、皆様のご自宅の屋根の素材等によっては利用できないケースも多々あります。アンフィニのサイトでキャンペーンコード「14009000」を入力いただくことで、追加で8000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。, HISグループの電気料金プランです。HISでよく旅行に行く方にとっては非常に電気料金が安くなり、おススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 前提条件として、我が家は2014年8月に子どもが生まれたので現在は夫婦+子ども2人の4人家族です。, お風呂は8月に子どもが生まれるまでは1日おきにお湯を入れ替えていましたが、長男が生まれてからは毎日お湯を入れ替えるようになりました。そのため風呂のお湯消費量は多くなっています。, それ以外は特に多くのお湯を使うこともなく、だからといって節水に務めているわけでもなく、一般的なお湯消費量と思います。, エコキュートの電気代を年間1万6千円としていますが、実際にはその2倍以上の電気代がかかってしまっていたということになります。, もちろん、ダイキンも試算根拠は示していますが、実態とはかなりかけ離れているのかな~といいう印象です。, ガス会社としては、オール電化住宅はいわば「敵」です。従来、給湯設備というのはガス会社の独壇場でした。, そのような状況に電力会社がエコキュートを開発し、さらにエコキュートを割安に運転可能な深夜電気料金、オール電化電気料金を設定することで殴り込みをかけてきたという経緯があります。, ある意味、親の仇なみににっくきエコキュートと言ったところが本音と思います。そんな中、エコキュートを敵対視する^^;東京ガス、大阪ガス、東邦ガスのうち、東邦ガスの試算に「エコキュート」の電気料金がありました。, これは、エコキュートの対抗馬としてガス会社が推しているエネファームの電気代の少なさを主張する資料です。, オール電化住宅の設定条件として、「エコキュート」が設置されていることが確認できます。, 東邦ガスの試算によるとエコキュートを設置したオール電化住宅の年間電気代は31.9万円、対して従来のガス住宅の電気代+ガス代が30.0万円となっています。, ようするに、オール電化住宅は従来のガス併用住宅よりも割高だということになっています。さらには、エネファームをつければ、オール電化住宅との光熱費の差は年間8万円以上になると結論しています。, 先ほどの代金の年間のエコキュートの電気代16000円というのも大概な計算結果ですが、オール電化住宅とガス併用住宅で光熱費比較して、オール電化住宅の方が光熱費が高くなると言う計算もかなり無理があります。。。, 計算をした担当者の心労を思うと、つらくなってきてしまうレベルです^^;;オール電化とガス併用住宅の光熱費を計算すると、現在の電気代とオール電化料金設定ではガス併用住宅よりもオール電化住宅の方が光熱費が安くなることは明らかです。これは実態としてそうなっていると思います。, エネファームを設置したケースでは、発電と発電によってできた温水をどの程度効率的に使えるかによって議論が必要です。ここではエネファームとエコキュートのどちらが優れていると言うことには触れないで起きます。, ただね。。。エコキュートの製造販売元のダイキンが計算したエコキュートの年間電気代は実態とは乖離したものでした。エネファームの電気代をガス会社が計算したらどういう結果になるかは、、、ご想像にお任せします^^, 上記計算はエコキュート単体の電気代を示したものではありませんが、ダイキンがエコキュートを設置することで給湯に必要な光熱費が6万円節約できるという話と、東邦ガスが示すオール電化でエコキュートを設置した家は年間光熱費が2万円高くなると言う話は明らかに矛盾します。, ぶっちゃけ、計算する人によってシミュレーションの結果が大きく変わってきてし待っているのです。, そもそも、年間のエコキュートの電気代を示されても、どのように節約をすれば良いのかわかりにくいです。, そこで、我が家の実際のエコキュートに要した電気代のデータをベースに、エコキュートの電気代をもう少し掘り下げていきたいと思います\(^o^)/, 我が家のエコキュートの電気代は年間3万5千円でした。では、月々のエコキュートの電気代はどうなっているのでしょうか?, 上記計算では、消費電力量に時間帯別の電気料金単価を乗じて電気代を算出しています。電力単価として2015年1月末時点の電気料金単価を用いており、電気料金の値上がりの影響を受けないよう計算しています(2013年の電気料金も2015年単価で計算しています)。, このことから、エコキュートの電気代は夏と冬で約10倍も違ってきていることがわかります!, こんな感じで、8月に入ってからお湯の使用量が急激に増えているのは先ほど書いたとおり長男の出産に伴いお風呂の水を毎日入れ替えるようになったためです。, エコキュートの電気代が夏と冬で10倍も違っているのにはいくつかの理由があります。何か1つだけの原因と言うよりも、下記の5つの要因が複合的に重なり合えった結果、冬場のエコキュートの効率を悪くし、電気料金を上昇させているのだと思います。, 1つめの理由は我が家特有?と言うほどでもありませんが、夏場は風呂を沸かさずにシャワーですませてしまうことが多いためお湯の使用量そのものが少なくなっています。, そして2つめの理由は、これまた言われてみれば当たり前で、夏は水道水の温度が20℃程度あるのに対して、冬場の水道水の水温は5℃程度です。エコキュートの貯湯タンクの湯温は約90℃となっており、夏場の20℃の水を90℃のお湯にするエネルギーに比べて、冬場の低い水温の水を90℃のお湯にする方が多くのエネルギーを使用してしまうというのが2つめの理由です。, さらに、3番目の理由として、エコキュートは魔法瓶のような構造の貯湯タンクに90℃のお湯を貯めておいて、使用時は90℃のお湯と水道水を混ぜて40℃程度の湯温にして使うことになります。, 仮に夏場に40℃のお湯10Lを使った場合、90℃のお湯約3L、20℃の水約7Lを混ぜると、40℃のお湯10Lが作れます。, 対して、冬場に40℃のお湯10Lを使うためには、90℃のお湯4L、5℃の水6Lを混ぜることで40℃のお湯10Lが作れます。, 同じ40℃のお湯を使う場合でも冬の方が多くの熱湯を利用することになってしまいます。そのため、エコキュートが事前に作っておく熱湯の量が増えてしまうことで電気代が上昇します。, これまた、当たり前なことですが、夏場は外気温が25℃程度あります。一方冬は夜間は0℃前後に冷え込みます。魔法瓶とおなじような構造とは言え、外気温が大きく違う環境では深夜に90℃で沸かしたお湯も、お風呂に入る時間帯には冬の方がより冷めてしまっているのです。, 結果として、第三の理由の熱湯と水の混合比で、さらに多くの熱湯が必要となり、結果的に冬の方がさらに多くの熱湯を沸かしておかなければならなくなります。, このヒートポンプというのは、欲しい温度と外気の温度の温度差が少ないほど効率が高く、温度差が大きくなると効率が悪化するという特徴を持っています。, 冬の方が外気温が低くなるため、沸かしたい90℃との温度差は大きくなり、第二の理由で示したお湯の温度差に加えてヒートポンプの効率の悪化も加わって冬の方がより多くの電力を消費することになってしまいます。, エコキュートの電気代はなんとなくわかってきました。では具体的にどのような生活をするとエコキュートの電気代をどのぐらい下げることができるかについて考えてみたいと思います。, 我が家は8月に子どもが生まれました。それまでは毎日お風呂を沸かしてはいたのですが、お湯を入れ替えるのは1日おきで、水を入れ替えた翌日は沸かし直しでお風呂に入っていました。しかし、子どもが生まれてからは毎日お湯を入れ替えるようになり、沸かしなおしでお風呂に入ることがなくなりました。, そのため、偶然ではあるのですが「お風呂を毎日沸かした場合と沸かしなおした場合とでどの程度電気代を節約できるのか?」というのを調べることができました。, しかし、8月に子どもが生まれてから、前年同月比1.4倍で推移するようになりました。, 2014年と2013年でエコキュートの使い方の大きな違いは、やはり毎日お風呂の水を入れ替えるようになったことが大きいと思います。, もちろん、妻や子どもが1日家に居るようになったことも影響はあると思いますが、お湯の使用量には影響しないため、お風呂の入れ直しの影響とみて良いと思います。, よって、毎日お風呂を沸かした場合、1日おきに沸かしなおしてお風呂に入る場合に比べてエコキュートの電気代は1.4倍上昇すると言えそうです。, 裏を返せば、毎日お風呂の水を捨てるのではなく、1日おきにお風呂の水を入れ替えるようにすることで、エコキュートの電気代を約三割節約することができます。, 冬場のエコキュートの電気代は約5千円ですから、お風呂の水を1日おきに入れ替えるようにすることで月に1500円の節約ができることになります。, 夏場はみんな汗をかいたりして若し直しのお湯は嫌だな~と思われるようであれば、夏はお湯を毎日入れ替えても全く問題ありません。夏場は、そもそもエコキュートの電気代が500円と安いため、節約できる料金は月にたったの150円にしかならないのです。もちろん、節水には効果がありますが、電気代の節約にはなりませんから、夏は水を入れ替えて問題ありません。, ここで、お風呂の水を入れ替えた場合と、沸かし直しにした場合でなんで月に三割もエコキュートの電気代が変わってくるのか不思議に感じられる方もいらっしゃるかも知れません。, 上記のお湯を1日おきに入れ替えることで三割の電気代節約ができるのは浴槽が保温性の高い「魔法瓶浴槽」の場合のみです。, というのも、通常の浴槽の場合、お風呂のお湯の温度は翌日の夜までに水道水の温度と同程度に下がってしまいます。そうなってしまえば、水道水からお湯を沸かしても、お風呂を沸かし治しても使用するエネルギーは同程度になるはずで、お湯を沸かし治すことで電気料金の節約はほとんどできないのです。この場合、5~10℃程度の水温から42℃まで水温を上げる必要が出てきます。よって、30℃程度水温を上げないとお風呂に入れないのです。, しかし、保温性の高い、いわゆる魔法瓶浴槽の場合、そして高断熱高気密住宅の場合、室温も高いため一旦沸かしたお湯は翌日でも概ね35℃程度になっており、沸かし直しをする場合は35℃から42℃程度の7℃程度水温を上げるだけでお風呂の適温にすることができるのです。, その結果、お湯の沸かし直しによってエコキュートの電気代を節約できるようになるのです。. エコキュートの電気代が1年間でどう変わるかを地域別に表したグラフです。 南の地域であるほど電気代が安く済んでいるのがお分かりいただけると思います。 特筆すべきは東京都(東京電力管内)の電気代です。 エコキュート電気代 年間推移. オール電化にした場合と、電気・ガスを併用した場合はどっちがおトク!?エネルギーコストや湯沸かしや調理にかかるコストを、オール電化、都市ガスとの併用、lpガスとの併用で比較しました。さらに、それぞれのメリットとデメリットも紹介します。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ff93627.32bf2273.0ff93628.dcc26521";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1510567281654";rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="143c974b.79c57287.143c974c.fa23d49d";rakuten_items="tra-ranking";rakuten_genreId="tra-allzenkoku";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1510567574709"; 結果として、エコキュートの電気代はダイキンなどが宣伝するほどには安くないことが確認できました。特に冬場は家の電気代のうち5千円近くをエコキュートの電気代が占めてしまうことがあることも確認できました。, ただし、先にも書いたように我が家は毎日お風呂の水を入れ替えていることによる影響も大きく、水を1日おきで入れ替えるようにすることで冬場のエコキュートの電気代を3千円程度に抑えることもできることがわかりました。, 今回は月々の電気代ベースでエコキュートを見てきましたが、エコキュートの湯切れについて検証してみたいと思います\(^o^)/, (追記:この記事の続きとして「エコキュートの消費電力と電気代:湯切れが心配!」を新規記事として追加しました), こんばんは。KAMINです^^エコキュートの電気代だけでなく考察まで付け加えてあって,ウンウン頷きながら読ませていただきました。我が家はガス(ECO Will)による給湯ですが,冬のお風呂に電気代がかかる,夏にかからないという図式はガスの傾向と同じですね。しかし,ガスは使用量の少なくなる夏のガス料金が高めに設定されている事,ガス+電気の併用では両方の基本料金を支払うことを加味するとオール電化のエコキュートの方がコストパフォーマンスが良い気がしました。次回の記事も楽しみにしています♪P.S. エコキュートの場合、サイズや機能等により異なりますが、概ね1100w程度の製品が多いため、エコキュートを1時間利用した際の電気代は目安として「1100(w)÷1000×30.57=33.63円程度」となります。 オール電化にした場合と、電気・ガスを併用した場合はどっちがおトク!?エネルギーコストや湯沸かしや調理にかかるコストを、オール電化、都市ガスとの併用、LPガスとの併用で比較しました。さらに、それぞれのメリットとデメリットも紹介します。オール電化にしようかと検討している方は要チェックです!, オール電化とガス併用って比較するとどっちがおトクなんだろう?と気になっている方も多いのではないでしょうか?オール電化は、家電製品や照明だけでなくコンロや給湯なども含めてすべてのエネルギーを電気でまかなうシステムのことを指します。, もしガスをオール電化に置き換えた場合、光熱費はおトクになるのでしょうか?また光熱費以外にもメリットがあるのでしょうか?この記事では、オール電化にした場合とガス(LPガス/都市ガス)を併用する場合を比較しながら、それぞれの特徴を紹介します。, エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日), オール電化とガス(都市ガス/LPガス)のエネルギーコストを比較してみましょう。電気とガスのコストを比較するには、同じ単位あたりの値段で見るのがいちばんです。そこで、ガスの持つ熱エネルギーを電気で起こした場合必要な電力量を計算、kWhに単位を統一し、それぞれの1kWhあたりのエネルギーコストを求めました。, なお電気代の計算には、東京電力エナジーパートナー(以下、「東京電力EP」)のオール電化住宅向けプラン「スマートライフS」の料金単価を用いています。1kWh=860kcalとし、LPガスの発熱量を24,000kcal/m3、都市ガスの発熱量を11,000kcal/m3とし計算しています。, LPガス価格は日本LPガス協会の東京地区の「一般小売価格」(2019年12月時点)より算出し計算しています。都市ガス価格は東京ガスの東京地区等の一般契約料金「A表の基準単位料金」(2020年2月)より算出し計算しています。, 上の結果を見ると、都市ガスのエネルギーコストがもっとも低く、次いでオール電化の夜間時間帯のコストが低く経済的であることがわかります。ただし、実際の支払いにはエネルギー自体のコストのほかに基本料金がかかります。, 電気とガスを併用した場合には、それぞれの契約に基本料金がかかりますが、オール電化にした場合はガスの基本料金がかかりません。そのため、オール電化ではガスの基本料金の分おトクになることも考慮する必要があります。, 石油情報センターによると、東京都の一般家庭で1世帯当たりのLPガス平均使用量は1カ月あたり10.3m3です。また東京ガスによると、一般家庭での都市ガス平均使用量は1カ月あたり30.0m3となっています。 オール電化にすることによって、ガスを一切使わなくなるので、ガスと電気の基本料金を電気代のみにできます。, エコキュートとIHクッキングヒーターを導入する費用と約30万~40万円かかると言われています。. うちは昨年3月からの使用開始ですが、最高値1月で夜間346kWh/朝・晩&昼0kWh、電気代4,206円(+待機:朝晩7円/昼1円)でした。1月の給湯使用量は平均603L/日なので月間18.7KLと、多分さすけさんの12月並みと推測しますが、それでも千円以上の差があるように見えるのは、湧き上げ時間帯やタンク容量も影響しているのでしょうか? (・・? ガス給湯器エコジョーズの耐用年数は約10年、電気給湯器エコキュートの耐用年数は10~15年より耐用年数の一番低い年数10年で寿命を迎えると仮定してコスト比較した場合のトータルコストは、以下の通 … ヒートポンプ技術を使って、空気中の熱でお湯を沸かすことができるエコキュート(電気給湯器)。環境に優しいだけではなく、電気代もお安く抑えられることから最近導入をはじめるご家庭が増えています。, これまでガス給湯器(LPガス・都市ガス)をご利用していた方の中には、エコキュートの評判を聞き、導入を検討している人も多いうのではないでしょうか。, 今回は、エコキュートの電気代の目安金額を世帯人数別にご紹介します。結局、エコキュートとガス給湯器はどっちがお得でいくら位料金が違うのでしょうか。, 家計の節約を考える上で、毎月かかる光熱費削減はとても大切です。毎日使うからこそ、少しでも安い方法があれば切り替えたいですよね?, ぜひ本記事でエコキュートの消費電力やメリット、デメリットについて詳しくなって、生活費節約に役立てていただけると幸いです。, エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用して空気中に含まれている熱を吸収することで、効率よくお湯を沸かすします。通常の電気温水器と比べるとなんと3倍も効率が良く、同じ湯を作るのでも少ないエネルギー消費で済ますことができるのです。, さらに、エコキュートではお湯を温める時間帯も選べます。1日の中でも一番電気代が安いのは深夜です。, その為エコキュートを利用している家庭では、夜間のうちにお湯を沸かし、そのお湯を日中に使うことで、さらに電気代を安くすることができます。, 気温が高い春や夏であれば運転する時間は短くなりますし、逆に寒い真冬は長時間運転することもあり、消費電力はまちまちになります。, 下記の表は、エコキュートを利用した際の世帯人数毎の平均消費電力と毎月の電気料金を季節ごとに比較した表です。上が夏、下が冬の目安となります。, それでは、年間を通して見るとエコキュートとガス給湯器では、一体どちらがお得になるのでしょうか。, 結論からお伝えすると、エコキュートに買い換えるとことでガス給湯器よりも光熱費をお得にすることができます。, 以下では、世帯人数とお使いの給湯器種類別に、エコキュートに切り替えた場合にどれだけ年間で給湯光熱費が節約できるかをまとめています。, なお、以下の計算は、三菱電機の自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機へ切り替えた場合を想定して算出しています, 世帯のご状況によっては、年間でなんと20万以上も得をする可能性があります。参考にしてみてください。, 以下ではエコキュートのメリットとデメリットをまとめます。デメリットや注意点を踏まえた上で、切り替えを検討してください。, エコキュートだけでも電気代がやすくなるのですが、最近では、多くの家庭では調理コンロもIHクッキングヒーターに変更し「オール電化」にされています。, オール電化にすることによって、ガスを一切使わなくなるので、ガスと電気の基本料金を電気代のみにできます。家計の流れも見やすく光熱費の節約も電気の事だけ考えればいいので楽になるというメリットもあります。, また、お使いの電力会社によっては使用料金に合わせてもらえるポイント制度も一本化出来ます。貯まったポイントは各種景品と交換することが可能です。, なお、前述した通り、エコキュートを使う際は、電気代がお得な深夜プランを選ぶと良いでしょう。, ちなみに、もし深夜貯蔵した分を使い果たしてしまいお湯が必要になった場合は、お使いの電気料金プランで設定されている日中時間帯の単価が適用されるので注意が必要です。, 日本のエネルギー事情を考えた時に、再生可能エネルギーの普及は温暖化対策としての側面でけではなく、国としてのエネルギー自給率向上という点でも非常に重要です。, エコキュートは再生可能エネルギーであるため、創エネでありながらその機能から省エネでもあるという稀有な商品であるというとても環境に優しいシステムになっています。, また、ガスなど何かを燃やしてお湯を沸かす給湯設備とは違い、電気と空気の力でお湯を沸かすエコキュートはCO2排出量も大幅に削減でき、温暖化防止に役立ちます。, ガスを燃やして炎でお湯を沸かすガス給湯器と比べて、電気と空気の力でお湯を沸かすエコキュートは炎を使っていない分、火事のリスクを減らすことが出来ます。, さらにオール電化にすると、キッチンでも炎を使うことがありませんので、小さなお子様やお年寄りなど、火を使うのが少し心配な方がいらっしゃるご家庭ではガスと比較して火事のリスクは低く、安心して暮らせます。, 古くなったガス給湯器などは不完全燃焼によって一酸化炭素中毒などをおこしてしまう人もいましたが、エコキュートでは火は使わないのでそういったリスクもありません。, 設置後の電気料金などランニングコストは非常に安くなるメリットは間違いなくある商品なのですが、購入の初期費用にコストが必要になります。, エコキュートを導入される方はIHなども同時に利用し電気代をやすくしようとされるのですが、そうなってくると初期費用はさらにかかってしまいます。, 目安としては、エコキュートとIHクッキングヒーターを導入する費用と約30万~40万円かかると言われています。, 一般的にガス料金の約8割を給湯が占めており、元をとるまでにだいたい数年はかかるご家庭が多いようです。, もちろん、大家族で日々のお湯の使用量が多い家庭の場合や逆に少人数所帯でお湯の量が多くない家庭など、ご状況によって初期費用回収までの期間は異なります。初期費用とランキングコストのバランスを比較し検討してください。, エコキュートではお水を温めるためにヒートポンプユニットという設備と温めたお湯を貯水するタンクを設置するスペースが必要になります。, もし充分な広さの設置場所がない場合は導入できない可能性もあります。中でもマンションやアパートなど設置するスペースが限られており設置ができない場合があります。, 最低限必要なスペースは、幅が約1m80cm、奥行が約80cmです。最近では、薄型タイプのエコキュートも主流になってきており幅が約43㎝程度の取付けスペースで済むものもあります。, ただし、設備の幅と奥行きギリギリでは設置時もメンテナンス時も手が入らないので、壁との間にも若干の隙間が必要です。また、背の高い貯湯ユニットは底面積だけでなく高さも考える必要があります。, エコキュートのお湯はタンクに貯水し生活に使う事が目的なので、白湯としては飲むことは推奨されていません。, 掃除をほおっておくと、やかんなどで水道水を沸かしたときと同じように「水垢・湯垢」や「ミネラル成分(マグネシウムなど)」が、エコキュートの貯湯タンク内に付着・沈殿している可能性もあります。, エコキュートの各タンクには必ず水抜きバルブが設置されているので、月に1度はバルブを開けて溜まった水を抜き清掃することをオススメします。, エコキュートを最大限お得に使うためには、電気代の安い夜間に翌日必要な量のお湯を不足や余分がないように用意することが重要となります。, 電気料金プランは、プランごとに時間帯別で電気の単価が設定されていて、夜間の電気の単価が安いプランの中でも日中の時間帯ごとの単価はそれぞれ異なります。, これは電気プランや契約会社によっても異なります。ご家庭の生活スタイルに一番見合うプランを選びましょう。, タンクの湯量が少なくなると自動で日中に沸き増しをする「自動沸き増し機能」を設定している可能性があります。, 気づいたら日中の高い電気代でお湯を温めてしまうので、気をつけましょう。もうお湯を使わないという日はその日の昼間の自動沸き上げを停止しましょう。また、設定は省エネモードがおすすめです。, 冬と夏では使うお湯の量も変化するため、季節ごと最適な設定も見極めて切り替えていきましょう。, エコキュートの電気代を節約・節電するうえで重要なのが、貯湯タンク内のお湯の沸き上げ温度です。, 夏場は水道水自体の温度が高くなりますので、貯湯タンク内のお湯が高温の場合、温度を下げるために沢山の水が必要になります。お湯は消費されずに余ってしまう可能性もありますので、これだと無駄が発生してしまいます。, 夏場に起こるこうした無駄は、あらかじめ貯湯タンク内の沸き上げ設定温度を65度程度の低温にすることで防ぐことができます。温度に加えて、沸き上げるお湯の量を「少なめ」にしておくことで、さらなる電気代の節約に繋がります。, 初期費用が高額なエコキュートですが、補助金制度を利用することで初期費用をお安く済みます。, エコキュートは省エネ効果が高く、利用すれば環境を守ることにつながるといった理由から国としても導入を積極的に推進してます。, 現在、地域の自治体によってエコキュートへの買い替えを行なった家庭へ、補助金が支払われています。, 例えば、東京新宿区、神奈川県厚木市、埼玉県富士見市などは、一回の工事あたり最大で10万円ほどの補助金を受け取れます。, 補助金の金額は地域によってまちまちです。また補助金制度の多くは先着順で、年度ごとに予算決められています。使い切ってしまえば終了してしまいますので、ご検討されている方は自治体のHPなどから調べてみてください。, という事で今回は、エコキュートについてご紹介しました。設置を検討している方は、今回紹介した設置条件や補助金制度を参考にして考えてみてはいかがでしょうか?.

ハーレー マスターシリンダー 漏れ 11, 700系 B6編成 廃車 14, Z6 購入 ブログ 13, 180cm 体重 筋肉質 59, W211 後期 ワイパー 4, 高橋 康夫 大阪大学 10, Spec~零 動画 Dailymotion 9, 荒野行動 スイッチ 引き継ぎ方法 12, コンカ とは サッカー 4, Ps4 Pro 開け方 7, Jr 運転士 結婚 7, 白魚 踊り食い 茨城 4, Avic Hrz990 音が出ない 5, プレバト 俳句 最低点 14, 旅行 しおり テンプレート おしゃれ 6, Obs 映像キャプチャ デバイス 音ズレ 6, なんj 用語 打線 19, コンユ トッケビ 後 8, Rocketek Type C ハブ Usb 7in1 4, 鬼滅の刃 キングダム どっち 6, アウトドア ステッカー どこに 売ってる 9, チョコ 超簡単 作り方 4, 壁 穴 画鋲 4, 痩せるダンス 15分 効果 27, Wd Cloud 分解 10, ノートパソコン Wifi 修理 5,

No comments

© 2017 All Rights Reserved

Created by Created by Entro Solutions LTD